医師コラム

2022.10.11更新

こんにちは。院長の岸本です。

今回は梅毒についてお話ししたいと思います。

 

2022年上半期の時点で

梅毒と診断された人が、すでに5000人を超えたそうです。

(7月12日、国立感染症研究所公表の2022年度上半期梅毒感染症調査結果による)

 

最多を記録した2021年(7983人)の1.6倍のペースで増加をしています。

すごいハイペースですね。

 

 

当院でも今年に入り、梅毒の患者さんが増えていることを実感しています。

梅毒の診断をしますと、7日以内に保健所へ届出することが決められています。

 

当院では2018年5月から2022年7月までの約4年間で

91例の治療をいたしました。


2018年5月から2022年7月まで梅毒の91例統計
     男性76例 女性15例

梅毒1

 

 

 

 

そのうち、半数以上が、第1期と呼ばれる初期感染の方でした。

 

梅毒は初期から第4期まで段階的に進行していきます。

たいていの人は、第3期まで症状が悪化してしまう前に、受診治療を行っています。

 

 

今回は初期の第1期の症状と第2期の症状をお話ししたいと思いますので、

ぜひ、この症状のうちに受診してください。

 

↓ こちらもご覧ください

性病/かしわ腎泌尿器クリニックHP

 

↓ 性病を分かりやすくまとめた動画です

若い方への啓蒙などにも是非お使いください

よくわかる性病/性感染症と治療法(かしわ腎泌尿器クリニック監修)

 

 

第1期症状

感染してから約3週間~3ヵ月の間に起こります。

簡単に言うと、性器・くち・肛門にしこりができます。

第1期梅毒の症状は痛みや痒みなどの自覚症状がないため、

梅毒に感染していると知らないまま、

性的接触によって他人に感染させてしまうケースもあります。

 

約1ヶ月で初期硬結も硬性下疳も自然に消えてしまうため、

症状が出る部位によっては感染に気付きにくくなります。

 

 

第2期症状

第1期梅毒の症状がおさまって3ヵ月以上経った頃にあらわれます。

頭痛や発熱・だるさ・のどの痛み・脱毛(梅毒性脱毛)・湿疹(梅毒性バラ疹)、

小さく平たいイボ(扁平コンジローマ)、口内炎のような粘膜の白疹(梅毒性粘膜疹)

といった様々な症状が全身に現れます。

半年程度で症状がなくなりますが、感染力は残っています。

 

 

 

梅毒は血液検査と細菌培養にて診断するため、

当院ではオンライン診療は行わず、必ず来院検査をしていただきます。

そして内服治療を開始します。

 

一定期間治療したのち、血液検査で治癒判定を行います。


当院では治癒判定まで平均2.17か月の治療期間がありました。

 

治療薬の状況  平均(2.17か月)

梅毒2

 

 

 

梅毒は怖い印象がある方も多いと思いますが、

適切な治療さえすれば、完全に治せる病気です。

 

気になる症状がありましたら、早めに受診していただき、

しっかり治していきましょう。

 

梅毒、性病、という内容故、

普通の病気よりも不安だったり、恥ずかしさが勝ってしまったりで

なかなか受診する勇気が出ないかもしれません。

偏見をもって見られてしまったりもしかねないですものね。

 

でも、

一切偏見無く、一つの病気として向き合う事が出来るのが医者です。

看護師もスタッフも同様です。

どうぞ安心してご相談ください。

一緒に治していきましょう。

 

 

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

お気軽にご相談ください 泌尿器科 / 内科 / 腎臓内科 柏駅東口より徒歩3分 土曜診療あり

お気軽にご相談ください 泌尿器科 / 内科 / 腎臓内科 柏駅東口より徒歩3分 土曜診療あり

お電話でのお問い合わせはこちらから 04-7164-0225

bnr_tel_sp.png

  • 東京慈恵会医科大学附属柏病院 泌尿器科東京慈恵会医科大学附属柏病院 泌尿器科
  • 東京慈恵会医科大学附属柏病院東京慈恵会医科大学附属柏病院
  • クリニックニュース CLINIC NEWSクリニックニュース CLINIC NEWS
04-7164-0225