スタッフブログ

2024.06.28更新

こんにちは。
かしわ腎泌尿器クリニック看護師チームです。
穏やかで過ごしやすい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は当院で行っている手術と検査の統計データをまとめたのでお話します。
まず当院では膀胱腫瘍を摘出する手術のスネア(ワイヤーを輪投げの様に腫瘍の根元にかけ、焼き切る手術)と、前立腺癌の有無を診断するための前立腺針生検をどちらも日帰りで行っています。

 輪投げ

2022年8月から手術をスタートし、2024年2月までのデータではスネアは23件、前立腺生検は47件実施しました。

スネアは23件中14人、全体の61%が陽性でした。
陽性者は全員が当院で引き続き定期検査を行っております。

前立腺生検は47件中34人、全体の72%が陽性でした。
前立腺生検で陽性だった方は当院で引き続き定期受診をしていく以外に、慈恵柏病院、我孫子東邦病院、がんセンター、慈恵本院を主に紹介しています。
当院では、経過観察をしていく方、リュープリン注射等のホルモン療法を行う方がいます。
また紹介先である慈恵柏病院や我孫子東邦病院へは手術目的の方が多く、
がんセンターには陽子線治療を行う方、慈恵本院へは小線源療法を行う方がいました。

★入院をせずに日帰りで行えるということが患者さんにとっては身体的にも、精神的にもメリットであると考えます。帰宅後も不安にならないように術前検査から術後まで関わっていき、当院で行えて良かったと思ってもらえるような看護をこれからもしていきたいと思います。患者さんにとっても治療をする上で納得できる環境を提供していけるよう努めていきます。

BY NO

 

2024.06.10更新

こんにちは。看護師チームです。

当クリニックでも肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)の取扱いがスタートし、対象者についても既にお話しましたが、今回は肺炎球菌感染症とワクチンについてより詳しくお話しようと思います。

肺炎球菌感染症とは…

肺炎の中でも成人肺炎の20-40%を占め、肺炎球菌細菌によって起こる感染症です。肺炎球菌は莢膜(きょうまく)と呼ばれる分厚い膜に覆われています。そのため体の免疫からの攻撃に強く、退治するのが難しい細菌です。また、抗菌薬(抗生物質)が効かない耐性菌も確認されており、注意が必要な感染症の一つです。

 

この菌は主に小児の鼻や喉に存在し、気道の分泌物に含まれて唾液、くしゃみ、咳などを通じて感染します。

日本人の約3-5%の高齢者の鼻や喉の奥にも常在していると言われています。加齢や抵抗力の低下などがきっかけで進展し、特に高齢者では気管支炎、肺炎、髄膜炎、敗血症など命にかかわる重症化のリスクがあります。

肺炎球菌には90種類の型があり、肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)はそのうち重症化を起こしやすい23種類の型に対し免疫をつけることができます。

全ての肺炎を予防するものではありませんが、23種類の肺炎球菌感染症を4割程度予防する効果があります。
接種後はおよそ3週間で抗体ができ、1回の接種で5年間は効果が持続します。

副反応としては、筋肉注射のため部位の腫れ、痛み、筋肉痛、発熱等がありますが、通常は5日以内には治まることがほとんどです。

 

当クリニックでは柏市に住民登録があり、接種時に65歳の方が対象者となります。気になる点があれば、どうぞスタッフまでお気軽に相談下さい。

ワクチン

BY TA

 

2024.05.18更新

こんにちは、かしわ腎泌尿器クリニック事務チームです。

当院ではマイナンバーカードを健康保険証として利用できる、オンライン資格システム(マイナ保険証)を導入しております。

 

マイナンバーカードをご利用いただくことで

患者さんの受診歴、服薬情報や特定健診情報がオンラインで確認できることにより、よりよい医療を提供できるようになります。

マイナ

■当院ではオンライン資格確認システムを導入しておりますので、下記の診療報酬を算定しております。
【初診】
・マイナ保険証を利用する場合:2点
・マイナ保険証を利用しない場合:4点

■マイナ保険証は原則、受付でお預かりできません。
マイナ保険証は保険証と違い、受付でご提示いただくものではありません。
カードリーダーに置いていただき、タッチパネルで受付で操作していただく必要が
あります。
※公費負担受給者証・医療証については、マイナンバーカードでは確認できませんので必ず原本を受付へご提示ください。

 

■マイナ保険証は、受診ごとに毎回ご持参ください

マイナ保険証は、厚生省の指示により、毎回ご持参いただき、マイナ受付をしていただくことになっております。
※マイナ受付の際に、暗証番号か顔認証で本人確認を行います。
この認証には失敗できる回数に制限があり【暗証番号=3回】、【顔認証=10回】までです。
それ以上認証に失敗すると、マイナンバーカードも電子証明書にロックがかかり、使用できなくなります。
ご注意ください。

 

※マイナ保険証をご利用の際は引き続き保険証もご持参ください。
マイナ保険証も、証明書の有効期限切れや破損、保険証の手続き前後など利用できないことがあり得ます。
万一、マイナ保険証が使用できない場合に健康保険証がない場合、全額自己負担とさせていただきます。

BY A

2024.05.02更新

こんにちは。
かしわ腎泌尿器クリニックの看護師チームです。

かしわ腎泌尿器クリニックでは治療で使用した機械、器具、器材は消毒・滅菌を行っております。


【使用した器具・器材の消毒】
患者さんが使用された椅子、ベッド等、治療に際して使用した器具や触れた場所については、消毒を行っております。

消毒1

【使用した器具・器材の滅菌】
治療で使用した器具は洗浄・消毒後、オートクレーブという高圧蒸気滅菌器にかけ、滅菌を行っております。
※滅菌とは「菌やウィルスといった微生物の数を、限りなくゼロに近づける」ことで、とても強力です。日常生活ではあまり耳にする機会はありませんが、たとえば病院での手術器具や注射には滅菌が必要とされます。

消毒2

消毒3

 

【膀胱鏡の洗浄・消毒】
膀胱鏡は使用後、洗浄機にかけ洗浄・消毒を行っております。

消毒4

患者さんが気持ちよく通っていただけるクリニックづくりをしております。
今後も安心して当院にご来院ください。

BY I

2024.04.16更新

こんにちは。かしわ腎泌尿器クリニック事務チームです。

健康診断料金の価格改定のお知らせです。
原材料の高騰、諸経費の値上がり等に伴い、健康診断の料金の改定を実施いたします。

■料金改定の実施時期


・令和6年5月1日実施分より

健診価格

今回の料金改定に伴いまして、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

尚。ご予約は当院ホームページのWEB予約よりお願いいたします。

BY O

 

2024.04.13更新

 

肺炎球菌

当院では令和6年度柏市高齢者肺炎球菌予防接種が始まりました


対象の方は

①接種時に65歳の方
②接種時に満60歳~65歳未満で、心臓・腎臓、呼吸器、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能低下の障害(身体障害者手帳1級)を有するもの
③肺炎球菌ワクチンを一度も接種した事がない方

肺炎を起こす菌は様々ありますが、日常的に生じる成人肺炎のうち約3割は「肺炎球菌」が原因と考えられており、中耳炎、副鼻腔炎、髄膜炎なども起こす可能性があります。
高齢者用肺炎球菌ワクチンは、国の定期接種に定められており接種が推奨されています。
又、ワクチンの接種により肺炎の予防や、肺炎にかかっても軽い症状ですむ効果が期待できます

肺炎球菌ワクチンの定期接種は、65歳の間(66歳の誕生日の前日まで)に接種を受けなければ、今後定期予防接種の対象者にはならず、公費助成を受けることはできません。


柏市高齢者肺炎球菌予防接種ご希望の方は、こちらの「予防接種予約」よりご予約お願い致します。

 

かしわ腎泌尿器クリニック予約サイト

BY KU

2024.03.08更新

こんにちは。クリニック看護師チームです。

最近、帯状疱疹ワクチンや肺炎球菌ワクチンについてのTVのCMを目にする機会が多くなっていませんか?
このたび、当クリニックでも上記のワクチンの取り扱いを開始しました。

そこで、今回は帯状疱疹の予防をするワクチンについてご紹介します。

まず、帯状疱疹とは、体の左右どちらかに、ピリピリとした痛み、その部分に赤い発疹と小さな水ぶくれが帯状に現れる病気です。

症状の多くは、腕や胸、背中などの上半身に多く出現しますが、顔や眼の周囲、頭などに現れることもあります。
また、皮膚の症状だけでなく、神経にも炎症をおこし、神経の損傷がひどいと皮膚症状が治った後も痛みが残ることがあり、3ヶ月以上痛みが続くものを帯状疱疹後神経痛(PHN)とよばれています。
50歳以上で帯状疱疹を発症した人のうち、約2割がPHNに移行するといわれています。この痛みは、刺すような痛みなどと表現されます。


帯状疱疹は、多くの人が子どもの時に感染する水ぼうそうのウィルス(水痘・帯状疱疹ウィルス)が原因で起こります。

水ぼうそうが治った後でも、日本人の成人の90%以上は、このウィルスを体内に持っていると考えられており、帯状疱疹になる可能性があると言われています。
水ぼうそうが治った後もウィルスは体内に潜んでいて、普段は免疫力によって活動を抑えられていますが、加齢や疲労、ストレスなど何らかの原因で免疫力が低下することで、ウィルスの活動が再び起こり帯状疱疹を発症します。
50歳代から発症率が高くなり、80歳までに約3人に1人が発症するといわれています。

現在、帯状疱疹を予防するワクチンがあります。
対象年齢は50歳以上となります。
当クリニックでは、2種類のワクチンを取り扱っております。
特徴は表↓をご参照ください。

ワクチン 表

予防接種は、予約制となります。
接種を受けたい日の1週間前までに、当クリニックのホームページの『予防接種予約』もしくはお電話でご予約ください。

BY TO

2024.02.28更新

こんにちは。かしわ腎泌尿器クリニック事務チームです。
みなさん当院の診療WEB予約はご存知でしょうか。

こちらは24時間いつでも、予約時間の1時間前まで診療の予約が可能となっております。(健診予約は予約締切期日が異なりますのでご注意ください)

また、予約画面を下までスクロールしていただきますと、メールアドレスの登録画面が出てまいります。ご登録いただきますと予約完了メールや、予約確認メールをお送りいたします。

予約していただきますと、受付時の手続きがスムーズになります。ぜひご利用ください。

WEB予約

 

BY KO

2024.02.07更新

こんにちは。
かしわ腎泌尿器クリニックの看護師チームです。

 

当院では2023年の4月から在宅診療を始めています。
副院長である大林先生を中心として、この1年弱で順調に患者さんを増やすことができております。
当院の看護師は、クリニックでの診療を中心に行っておりますので、最初は在宅診療には関わっておりませんでした。
最近では訪問の数が増えたこともあり、少しずつ在宅部門にも顔を出させていただいており、私は数回ほど同行させていただきました。
看護師になり20年ほど経ちますが、在宅診療に同行するのは初めてです。
施設内で働くことが当たり前でしたが、外に出て、自分で車を運転して、患者さんのお宅へ向かうのです。

緊張と、わくわくと、どきどき、とても複雑な気持ちでしたが、久しぶりに新鮮な気持ちを味わうことができました。

 

患者さんのご自宅に行くと、病院に来院される患者さんとは違うとてもリラックスされた表情をみることができ、またご家族とお話できたり、住環境を確認してアドバイスをすることができたりと、今まで行ってきた看護とはまた違った視点で患者さんと関わることができ、とても勉強になりました。
一番いいと思ったことは、その時間にその患者さんだけをみて関わることが出来る点です。
病院で働いていると、たくさんの患者さんのことを考え、優先順位を考えて関わらなければなりません。もっとお話しがしたいけれど、次の人のことを考えるとここで話を切っておこうと思ってしまったり、忙しいことが態度に出てしまったりと、反省することも多いです。でも在宅は1対1ですので、より深く関わることが出来て、とてもやりがいを感じることが出来ました。

 

今後は看護師サイドもクリニックでの診療と、在宅診療を両立していきたいと思っておりますが、どちらを行うにしろ双方での知識と経験をもとにして、よりよい看護を提供していけたらいいなと思っております。
まだ当院では在宅診療を開始して1年もたっておりませんが、この先当院に通院していただいていた患者さんが、通院が困難になり在宅診療に切り替えたときに、クリニックに通院していた時に顔みしりだったスタッフがご自宅にお伺いすることで、
「ああ、この人か。通院していた時はこうだったけど、今はこうなんだよ。」
と、以前を知っていることで少しでも安心していただいたり、また信頼していただいたりして、継続した医療、看護が提供できたらいいなと思っております。

在宅診療に興味をおもちであれば、ぜひスタッフ誰にでもお声がけください。
専門のスタッフがご説明をさせていただきます。

訪問

BY YA

 

 

2023.12.23更新

こんにちは。
かしわ腎泌尿器クリニックのナースチームです。

当院はクリニックですがCTという器械があります。
初診の患者さんにどうして当院を選んで受診したのか聞いてみると
「CTがあったから来てみたよ。」「クリニックなのにCTあってすごいね!」など
CTが置いてあるから来たという患者さんが多数いらっしゃいました。

ですので、今回は【CT】についてお話します。
CTとは、(Computed Tomography:コンピュータ断層診断装置)の略で、X線を利用して体内の状態を断面像として描写する検査です
大きな筒の中に寝た状態で入り検査をします。(イラストはCT検査の様子です。)

CT

★CTは比較的動きに強く空気や石灰化の描写が得意な検査です。特に心臓やその周りにある肺、血管の石灰化の診断に有用です。

   また、一度に広範囲の撮影が可能な検査です。

【胸部CT】
胸部X線検査には写らない早期の小さな肺がんや炎症の発見に有用です。
また、胸部大動脈瘤や心臓血管の石灰化の観察ができます。


【上腹部CT】
主に肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓の病変の発見に有用です。


【下腹部CT】
大腸や膀胱、男性は前立腺、女性では子宮や卵巣の病変の発見に有用です。


長所と短所を簡単にまとめてみました!↓↓↓

【長所】
・検査時間が比較的短い(数分程度)
・騒音、閉塞感が少ない 
・骨、肺の内部構造などが明確に描出される
・体内に金属が入っていても撮影できる 
・体内に金属が入っていても撮影できる
↳※ペースメーカ・ICDは機種によって撮影できません

【短所】
・放射線による被ばくがある 
・MRIに比べて軟部組織の変化がわかりにくい
・骨に囲まれている部位はアーチファクト(画像の乱れ)が出やすい


長所と短所を踏まえた上で、診断・治療に必要であればCT検査をすることに対してメリットは大きいと思います。
検査に不安があるときには、医師にしっかりと相談・確認した後で検査を受けましょう!

BY NO

 

前へ

お気軽にご相談ください 泌尿器科 / 内科 / 腎臓内科 柏駅東口より徒歩3分 土曜診療あり

お気軽にご相談ください 泌尿器科 / 内科 / 腎臓内科 柏駅東口より徒歩3分 土曜診療あり

お電話でのお問い合わせはこちらから 04-7164-0225

bnr_tel_sp.png

  • 東京慈恵会医科大学附属柏病院 泌尿器科東京慈恵会医科大学附属柏病院 泌尿器科
  • 東京慈恵会医科大学附属柏病院東京慈恵会医科大学附属柏病院
  • クリニックニュース CLINIC NEWSクリニックニュース CLINIC NEWS
  • クリニックニュース twitter
04-7164-0225